講演会のご依頼


持田 恭子(もちだ きょうこ)


1966年東京生まれ。きょうだい支援専門家。

海外勤務経験・外資系企業で働いた経験から日英バイリンガル。

1996年から「障害のある方のきょうだい支援」を展開。社会福祉法人あゆみの会評議会評議員、厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業検討委員を歴任。ヤングケアラー研究会コアメンバー。訪問介護2級養成研修課程修了。

NHK Eテレ「バリバラ」に出演。ホンマルラジオケアラー専門チャンネル「なんてたってCAN!」のパーソナリティをつとめながら、テレビやラジオなど多方面で活躍中。「自分のために生きる」(電子書籍・Amazon)を始め寄稿など執筆家としても定評がある。講演は全国で行っており、涙と感動と笑いありの子育て、介護、看取りまでの経験談を踏まえた講演は、主に行政、育成会、親の会、福祉施設、特別支援学校などからの依頼が多い。

 


タイトル
ケアラーアクションネットワーク代表
きょうだい支援専門家
執筆家(電子書籍著書あり)
講演会・勉強会講師
電話専門相談員
ラジオパーソナリティ
社会福祉法人あゆみの会評議会評議員
厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業検討委員
訪問介護員2級養成研修課程修了 

ジャンル

人生:人生経験・人生観

家族:家族だけで抱える世代連鎖の無い社会

教育:夢の実現・目標・チャレンジ・コミュニケーション

社会問題:いじめ問題・メンタルケア・ピアサポート・介護

進路きょうだい児の進路

育児:子育て(ママ向け・パパ向け)

介護:ダブル介護・高齢社会と中年期の障害者介護

人権:子どもの人権・虐待・ネグレクト

病気うつ病・がん・適応障害・認知症介護・高次脳機能障害・水頭症・脳障害

障害:知的障害・統合失調症・ダウン症候群

人間:テトラマップ四つのエレメント・気持ちを落ち着かせる瞑想法


主な講演テーマ

自らもきょうだいである講師が、きょうだいにスポットライトを当てたテーマで行う講演。リアルでタイムリーな話題から、きょうだいの心の解放や将来への不安解消、進学や進路指導で注意すべき点、進学や進路指導で注意すべき点、家族の中の無意識のルール、家族の中の無意識のルール、介護やケアの具体的なピンポイントアドバイス、きょうだい・親・支援者それぞれが持つ無意識のバイアスを取り外し、参加者のニーズを満たすその講演内容には定評があります。

タイトル

「きょうだい児の育て方」

「パパときょうだい児の共通点」

「ママにも特別なケアとサポートが必要だ」

「子どもが欲しいママからの言葉掛け」

「子ども権利条約について」

「ヤングケアラーとは」

「多様性と共生社会を目指す」

「コミュニケーションスキル」(法政大学・木曽福島)

「がんばる子どもと若者たち」(宮城県NPO法人主催)

「きょうだいの悩み」(NHK大阪主催)

「障害のある家族との関わり合い」

「きょうだいのわたし、結婚どうする?」

「親が元気なうちに出来ること」

「後悔しない生き方と看取り方」

「娘からみた親亡き後」

「きょうだいにとっての成年後見制度」

                など多数


主な著書

自分のために生きる

Amazon電子書籍



バリバラ きょうだいの悩み 専門家として出演

NHK Eテレ バリアフリーバラエティ番組

バリバラ に出演

きょうだい支援専門家として「きょうだいの悩み」についてコメントを行った。(写真右)

2018年12月 スタジオ出演

2019年06月 スタジオ出演(再放送)

2019年06月 スタジオ出演・VTR出演

 

NHK ニュース645 

きょうだいのわたし、結婚どうする?

 

NHK大阪主催 きょうだいの悩み 基調講演


講演料

別途事務局までご相談ください。

その他実績

・介護歴12年

・イギリスヤングケアラー・イン・フォーカスでスピーチを行った。(2014年)

・講演の最高峰 TEDx Tokyo Salonに2度登壇、英語にてスピーチを行った。(2019年)



いままでの講演内容

【トークテーマ

多くのきょうだいが共通して持っている幼い頃の経験談や記憶、その時の気持ちなどのリアルな声をお伝えしながら、お子さんの小さなサインを見逃がさず、親御さんだからこそできるスキンシップやコミュニケーションの仕方もご紹介します。

『障害児のママやパパにも特別なサポートが必要だ』

『きょうだい児の子育て

『子どもが本当に欲しい声掛けとは』

『ラフステージごとにある複雑なきょうだいの悩み』

『こころとからだを解放するワークショップ』

きょうだいからみた成年後見制度』

『家族との関わり~多重介護・引継ぎ・看取り・グリーフケア』

など多種多様な講演を行っています。

事前に打ち合わせをしてご要望に沿った内容で講演をいたします。

 


 

ダイバーシティ・シンキング

自分と相手の価値観を尊重する

 

コミュニケーションスキルを上げるには

リフレーミングの効果

 

 

 

実績:
成蹊大学・法政大学・岡山大学・田園調布学園大学 


申込フォーム

・設備環境 (ノートPC・プロジェクター(HDMI/ピン数)・マイクなどの会場設備・配布物のカラーコピー等々)

メモ: * は入力必須項目です