40代 施設入所と通い介護

ショートスティ

母の認知度が更に低下して、自分がどこにいるのかわからなくなってきました。ときどき記憶が戻るのですが、「お母さん、ここはどこかわかる?」と聞くと、「ここは〇〇です」と自分の生家について話すのです。

2009年3月から5月にかけて、TIA(一過性虚血発作)を発症した母は週三回、救急車で運ばれていました。

その様子をみていたケアマネさんが「ショート(スティ)に入っていただいて、お母様が入居できる施設を探してみませんか?」と声をかけてくださいました。当時は自宅の周辺にショートスティができる施設がなく、車で1時間以上かかる他県にある「病院を併設している施設」に3ヶ月入ることになりました。

下着、洋服、コップ、タオル・・・すべての持ち物に母の名前を書いて準備をしながら、「なんだよ、これ、わたしが子どもを育ててるみたいじゃない」って思ったら、また切なくなりました。自分一人で母を高齢者施設に入れることを決めていいんだろうか、母が気に入る施設を探せるだろうか、兄と離ればなれになることを母は納得してくれるだろうか、と様々な不安が押し寄せてきました。ショートスティ先で一番ショックだったのは、それまでなんとかトイレに自力で行っていた母がオムツをつけられ、ぼぉっとした顔で車いすに座っていたことです。

おむつの交換をする際には、娘さんは外に出てくださいと言われたのですが、ドアの小窓からその様子を見ていました。おむつ交換をされている母は大きな赤ちゃんみたいで、とてもとても見ていられませんでした。一緒にいた友人に「強くなってください」といわれたのですが、これ以上、どうやってもっと強くならなくちゃいけないの?と思ってしまいました。


あなたはがんばってる

当時、ある唄が流行っていました。ショートスティ先の施設に、その歌詞が貼られていました。それは、認知症を患った母親が(大人になった)自分の子どもに向けて書いたメッセージに曲をつけたものでした。職員さんは「この歌詞、感動するわね」と絶賛していましたが、わたしはその歌詞を読んだ時に身震いがしてしまいました。もっともっとやらなくちゃいけないんだ、まだまだがんばらなくちゃいけないんだと思って、心が重たくなりました。子どもの頃に母がわたしを育ててくれていたように、今度はわたしが母の面倒を見なければならないんだと自分に言い聞かせなければなりませんでした。介護に将来の希望はあるんだろうか、これから生きていく人と老いていく人を同じ目線でみなければならないのだろうか?わたしの胸の奥はズキズキと音を立てて疼いていました。

 ある朝、その唄がNHKの朝の番組で取り上げられました。司会者もゲストも口々に「素晴らしい唄ですね」、「本当にこころから感動しました」「介護をしているお子さんに聴いてもらいたいですね」と絶賛していました。

わたしは、怒りが湧いてきて震える感情でいっぱいになり、自然に涙も出てきました。その時です!ゲストの一人が、カメラに向かって「いま在宅で介護をしているあなた。あなたたちは、やるだけのことをやってます。だから気にすることありません。もう十分に頑張っているんですからね。大丈夫ですよ!」と、大きなな声でカメラを見つめて叫んでくれたのです。スタジオは騒然となり、カメラは揺れ、司会者はオロオロ、ゲストは口を開けていました。でも、わたしは、その方の言葉で救われたのです。その方は、おそらく介護経験があるのではないだろうか、と思いました。わたしは心から「ありがとうございます」と言ってテレビに向かって頭を下げました。


母が施設に入所

2009年、国 際フォーラムで開催されていた第一回オヤノコトセミナーに行きました。そこである有料老人ホームが出展していました。そこに母を連れて行っ たら、すぐに気に入り、とんとん拍子で話が決まり、母はその施設に入所することになりました。この時、母は要介護4になっていました。気に入らないことに は罵声を上げて、顔をくしゃくしゃにして怒っていた母は要介護5になっていきました。わたしはケアラーとして母を介護してきたので、わたしたちはこうしてきた、ああしてきた、と家庭でやってきたことを100% 介護施設でも同じように介助してほしいと思い施設の職員の方々にクレームを言いすぎていました。この頃は、わたしも母も怒りでいっぱいでした。当時のヘルパーの方々には本当に申し訳な かったと思います。


兄も施設に入所

母が高齢者施設に入居したら、わたしは兄とふたりで生きていこうと思っていました。しかし、母のママ友が「お兄さんも障害者施設に入所させなさい」とわたしを説得するためにわざわざ何時間もかけて長野から東京に足を運んでくれました。

私は何度もそのアドバイスを拒絶しました。これ以上家族がバラバラになることは、とても重た過ぎる選択だったからです。しかし、何度も説得されるうちに、兄とこのまま暮らしていたら私の人生が無くなり、兄の成長にも影響を与えると言われて決心しました。2009年8月、兄が入所する施設が決まりました。兄を施設に送る車内で、ふたりで唄を歌いながら大泣きしました。本当にこれで、家族がばらばらになる。でも、兄と離れることはわたしが決めたんだ。母も兄も一緒に暮らしていたのに、わたしが二人を引き離したんだ。すべて私のせいで家族をバラバラにさせてしまったと思うようになりました。寂しさ責任の重さでどうしようもなく辛くなりました。


適応障害と鬱病

2009年8月、わたしは兄と同じ椎間板ヘルニアを発症しレーザー手術を受けしました。それから半年間、痛みと痺れと闘いながら仕事を続けていましたが、1週間眠れない日が何か月も続いたり、週末はソファに寝たまま夕方を迎える、そんな日が続いたので、心療内科を受診しました。すると、適応障害であると告げられました。 母と兄がそれぞれの施設に入所したけれど、家には二人の荷物や家具や食器がそのまま残されている、でもそれらを使う人が家の中にいない。わたしはそんな中で暮らし始めたことで、環境の変化に適応できなくなっていたのだそうです。12月、適応障害が悪化して鬱病を発症し、会社を1か月間休職しました。そして兄が住む学舎のクリスマス会に参加して、兄の施設に宿泊しました。そこで、兄と一緒に生活をする重度の知的障害を持つ方々がわたしのことを支えてくれました。彼らはわたしを優しく包み込んでくれました。「みんなの妹だからな。いつでもおいで」と言ってくれました。わたしは彼らのおかげで徐々に回復して2009年1月には会社復帰をすることができました。


2010年、わたしは兄 とよく出かけました。鴨川シ―ワールドや横浜ズーラシアに行きました。他にも国内外で一人旅をして徐々に気持ちが穏やかになりました。復職後は、投薬治療とカウンセリングを受けていました。やがて認知 行動治療の分厚い本を買ってきて、それを読みながら自分で自分をカウンセリングしているうちに、減薬に成功しました。睡眠薬を飲むことをやめたときに、ある男性と出逢い、2011年10月にその方と結婚しました。わたしは一生結婚はできないと諦めていました。なぜならば、父が若くして他界したので、わたしには母と兄を支える大黒柱の役目があるという責任感があったからです。しかし、夫が「これからは一人で背負わなくてもいいよ」と言ってくれました。何か一つでも努力をし続けていれば、いつか必ず良いことがあるということを心の底か ら実感しました。そして、夫が絶対的な味方であると思った時から、わたしはわたしの本当の人生が始まったと思いました。夫からは、いまでも様々な気づきを与えてもらっています。


2013年、ケアラーアクションネットワークを創設しました。

ケアラーとは家族介護者のことを意味していて、アクションとは行動をとるという意味があります。ケアラーが自立して行動し繋がりを持つという気持ちを込めました。かつてメールによる意見交換だけで立ち消えてしまったきょうだいに対する何らかの働きかけを再開しようと思ったのです。

https://canjpn.jimdo.com/

 


通い介護

2015年1月。在宅介護と親子分離を経験し、自立した我が家の家族は、年末年始や母・兄の誕生日、夏休みなどに逢って過ごすようになりました。夫のサポートもあり、車椅子の介助がとても楽になりました。いままでは、運転も買物も私が一人でやっていて、母の車椅子を押しながら兄が道路に飛び出さないか注意して見守っていたり、時には兄の手を引きながら車いすを押していました。それが結婚してからは、夫が兄と手を繋いで歩いてくれたり、母の車椅子を押してくれます。運転もしてくれて、男性の力って本当に、本当に必要だって思いました。また、私はもうひとりのお母さんみたくなっていて、母と兄の世話を焼き過ぎていることを夫から注意してもらいました。夫は母や兄と、ほどよい距離を保ちます。自分の気持ちを伝える時には、ゆっくりとした口調で丁寧に説明しながら話します。そうすると母も兄も気持ちが穏やかになって夫の話を冷静に聞くのです。これからは、それぞれの居場所で自分の生き方を見つけて前向きに過ごしていこうと思います。


相手の視点で物事を捉える

2015年、初めて兄にあった時には正直どう思った?と夫に聞いてみました。すると夫は、『今だから言うけど、悪い意味じゃないよ、それでも、怖かったよ。ター君が怖いんじゃないよ。どう接していいのかわからないっていう気持ちが怖いっていう表現になっちゃうんだ』 私は、この言葉を聞いてハッとしました。多くの人が「わからない、だから怖い」「知らない、だから関わらない」という気持ちを持つことは、障害者差別ではなく、自分がどうしたらいいのか怖いんだという意味なのだということに気が付いたのです。

 

夫は続けてこういいました『でも、ター君に会ってから障害者のイメージがすごく変わったよ。彼らは障害を抱えているけれど心は健常で、僕たちは健常だけど心に障害を抱えているかもしれない。ター君自身も世間の目とか、あからさまな態度から、すごく嫌な思いをしていると思う。』

 

わたしは、夫が兄の気持ちになって物事を捉えようとしていることに気が付きました。それは、家族でありながらわたしにが持っていなかった捉え方でした。