プロフィール

 

 持田 恭子 Kyoko Mochida

 

ケアラーアクションネットワーク代表(ナラティブ・サポート・アクティビスト)

アクティオ・ジャパン代表 (テトラマップ認定ファシリテーター)

 

個性を活かしづらい日本の社会環境に違和感を持ち、25歳で渡英し米系企業で働く。帰国後は外資系企業で働き、米国企業の合理主義的な物事の進め方と、欧州系企業の人道主義的なライフスタイルを経験。日本社会では多くの人が意思疎通に悩み素直な気持ちを表に出せずに溜め込んでいることに気づく。

 

1996年に「ダウン症児者の兄弟姉妹ネットワーク」を設立。2014年には、きょうだいのナラティブ支援をする活動家(アクティビスト)として独立し、「ケアラーアクションネットワーク」を立ち上げた。

 

現在は、自治体・大学・特別支援学校・親の会等にて、講演やシンポジウムのパネリストとして登壇しながら、執筆活動も行う。

これらの活動を通して、感情と感性を取り戻し、生きる力をサポートするフィロソフィとソーシャルアクティビティとの融合を目指している。

 

<主な活動>

テトラマップ認定ファシリテーター 

・ヤングケアラー研究会コアメンバー(一般社団法人日本ケアラー連盟ヤングケアラープロジェクト

株式会社ケアラー広報アンバサダー

特定非営利活動法人シアター&パペットアンサンブルグラシオブルオ理事

執筆家 自分のために生きる 電子書籍 Amazon出版

 

 <資格>

・テトラマップ認定ファシリテーター(2016年)

・匿名電話カウンセリング『ボイスマルシェ』専門相談員(2016年)

T&Rデュアルデザインコーチング・コンプリートコース修了・コーチング資格取得(2013)

 ・タクティールケア講習修了(2011年 資格未取得 実地訓練60時間終了)

訪問介護員2級養成研修課程修了(2010

 

<職務経歴・学歴>

・航空通信会社にて秘書業務を経て営業補佐から営業職に従事

・米国通信社 ロンドン支店に勤務

・米国金融情報提供会社の日本支社にてコールセンター部門、マーケティング、ローカライゼーション
 の管理職を経験し、英日翻訳業務のエディトリアル(編集長)業務を兼務。

・米系投資銀行、欧州系銀行 証券部門にて情報セキュリティ業務を経験

情報セキュリティ大学院大学にて情報セキュリティ修士号を取得

テトラマップ認定ファシリテーターとして講師活動を始める


 

 

榎本 哲 Satoshi Enomoto

 

アドバイザー

 

2000年に難病のひとつであるクローン病・潰瘍性大腸炎の患者会活動に関わり、医療関係者、患者さんたちととともに、支援組織(NPO法人設立日本炎症性腸疾患協会:CCFJ)を立ち上げ、医療情報の提供や就労や就学を中心とした支援を行ってきた。

 

また、これに並行して、難病(特に内部疾患・内部障がい)を中心とした、患者会支援活動に携わり、肺高血圧、腎臓、肝臓、HIVの団体や、地域の難病団体との交流を行ってきた。

 

2006年には、業界団体(日本製薬工業協会)の患者支援活動に携わり、難病情報サイトの立ち上げやセルフマネジメントプログラムの普及啓発、患者の声を医療政策に反映させるありかた協議会の設立・支援に関わってきた。2009年からは、認知症、介護、病弱教育、薬害エイズなどの社会的課題を支援組織を通じて中間支援を行っている。

 

2014年には制度・政策・支援の網からこぼれる医療・教育・福祉の問題を独自の文脈で「日常生活」のなかに捉え直したうえで、解決に向けてアイディアや方法を開発・実践している当事者や、多分野多業種の人々を「つむぎ」、さらに大きな課題を解決するための「協働」を作り上げることを目的にTSUMUGUBITOProjectを立ち上げて、支援研究を行っている。

 

<主な活動>

 TSUMUGU"BITO" Project 主宰 http://re-innovation.jp/tsumugubito/

 NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン 理事 

 NPO人日本炎症性腸疾患協会 理事 

 NPO法人希少難病ネットつながる(RDneT/アールディネット)アドバイザー

 一般社団法人病気の子どもの教育を支援する会 監事 

 社会福祉法人はばたき福祉事業団 評議員 

 NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会 

 東洋大学ライフデザイン学部 非常勤講師