思春期のきょうだいサポート

思春期のきょうだいとは

10歳頃から思春期を迎えたきょうだいたちは、進路や人生観などを相談できる相手が周囲にあまりいません。

幼い頃から、家族が困難を抱えている環境で育つため、冷静で大人びているきょうだいたちは、その進路を決める

際にも自分のことよりも障害のある同胞や家族を中心に考える人もいます。あるいは自分が進みたい道を選ぶとき

もありますが、罪悪感を抱えたり、家族から孤立したように感じてしまうことがあります。

 

友だちや教職員やスクールカウンセラーなど、相談相手は沢山いるように見えますが、心の内側にある疎外感や、

孤独感、漠然とした不安などを抱えています。

 

そのため、同じ、あるいは似たような立場の少し年上のきょうだいに相談できることができれば、さまざまな選択肢が

あることを知ったり、罪悪感を持たなくてもいいことを言ってもらえるだけでも安心して自分の進路を決めることが

出来ます。

 

新しいシステムを作ろう

現在は、まだ思春期の若者きょうだいケアラーに向けての支援がありませんが、進路や友達関係や将来について、

ざっくばらんに話せる機会が必要です。興味や関心のある方は、お問合せ下さい。

お問合せ: http://canjpn.jimdo.com/contact/