ヤングケアラーとは

ヤングケアラーとは

障害や慢性疾患や病気、精神的問題や依存症などを抱える親や高齢の祖父母、兄弟姉妹や親戚に対して、おとなが担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護や見守り、感情面のサポートなどを行っている18歳未満の子供や若者は、ヤングケアラーと呼ばれています。お手伝いの域を超えたケアをしているにもかかわらず、自分が役になっていると感じたり、家族との結びつきが強まっていると感じたりすることもあります。

 

どんな子供や若者がヤングケアラーなの?

・障害や疾患を抱える親の面倒を見ている子どもや若者

・アルコール依存症や薬物依存症の親の世話をする子どもや若者

・認知症などの病気を持つ親や祖父母の介護をする若者

・障害児のきょうだい(きょうだいケアラー)

・小児がんや重い心臓病などの病を抱える子どものきょうだい

 

ヤングケアラーがしていること

・家事 (掃除や料理、お皿洗いや洗濯など) お手伝いの領域を超えて子どもや若者が中心となって行う

・家のきりもり(買い物、重いものを持つなど) こどもが親の代わりに役割として担っている

・金銭管理(請求書の処理、給付の受取り、銀行での出し入れ、アルバイト代で生計を立てる)

・大人に対する通訳(親や兄弟姉妹の意思を汲み取り伝えるための通訳)

・身の回りのケア(衣服の脱着介助、入浴やトイレの世話、移動介助など)

・感情面のケア(ケアを要する人の傍にいる、守る、見守る、連れ出すなど)

・兄弟姉妹のケア(自分一人で、あるいは家族と一緒に兄弟姉妹の世話をする)

 

プラスの影響

年齢の割に生活能力を身に付けている

聞き上手である

忍耐強い

協調性がある

病気や障害についての理解が深い

公平性がある

思いやりがある

 

マイナスの影響

学校生活に集中できない(遅刻、欠席、宿題が期限に間に合わない、忘れ物、勉強面でついていけない)

友達付き合いや部活などに時間を使えない

感情的にも身体的にもつかれている

身近にケアについて話せる相手がほとんどいない

体調不良

自分の健康や進路のことは後回しにする

 

ヤングケアラーは、ケアラーである前に、成長途中にある子どもです。その子供のの年齢の度合いよりも重たいケアや介護を担っていた場合、その子どもにとって気が休まる場所がありません。

 

ヤングケアラーの数

イギリスの2011年の国勢調査  16万6363人のヤングケアラーがいる

日本の2013年の就業構造基本調査   15歳~29歳の介護者は 17万7600人いる

新潟県南魚沼市公立小中学校 善教松陰へのアンケート調査(2015年) 回答の25.1%が、これまでに教員としてかかわる中で、家族のケアをしていると思われる子どもがいると答えた。

 

ヤングケアラー支援で気を付ける点

ヤングケアラーが、話し相手に会える安全な場所を提供する

悩みを話したり、楽しい時間を過ごすことが出来る場所を提供する

困難な環境に身を置いているのは自分ひとりではないということを認知させる

子どもや若者が家庭で担っているケアの量を家族と相談しながら減らすよう促す

子どもにとって不適切なケアや、過度なケアとは何かということを家族が理解する

ヤングケアラーに関する社会の意識を高める