ダウン症 中年期の症状と特性

身体的特徴と様々な症状

視力

近視、乱視、遠視、緑内障などの一般的な視覚の問題のほかに、白内障や斜視が成人期によく見られます。ダウン症の方々は、奥行きがわかりづらくなるので、階段やエスカレータなどの段差が見えづらくなり慎重に歩を進めるような歩き方になります。歩くときには急がせず、数字をカウントしながらエスカレータでサポートをするとすんなりと乗ることができます。降りる時にも1,2,3と声をかけるなどしながら、降りるタイミングを合わせてあげるとスムーズに乗り降りができます。


聴力

中年期に差し掛かると、聴力が低下することで他人とうまくコミュニケーションが取れなくなることがあります。車や人が近づいてきても分からないことがあるので、外出を警戒し始めます。一定の音階が聞きにくいようで、何も返事をしない時があります。相手の話を聴いていないのではなく、聴こえていないことがあるのでコミュニケーションに問題があるように勘違いされることもあります。慢性的に中耳炎にかかることが多いので一時的な難聴になることもあります。耳垢が外耳道をふさぐことも多いので、取り過ぎは禁物ですが、聴こえずらくなっているようでれば耳鼻科の診察を受けてみてください。


歯科的問題

手入れの不十分さや、歯並びの悪さから重度の虫歯があるダウン症の成人は比較的多く、歯肉炎などがある方も多く見受けられるそうです。中年期でも乳歯のままで歯が抜けてしまい、それ以降は成人の歯が生えてこない場合もあります。
入歯は保険内の安価なものだと重たかったり、金属部分が歯型にあわなかったりして歯茎に痛みを感じると、装着することを拒絶しますが、もともと咀嚼があまり得意ではないので、入歯がなくても食べることに支障はないようです。よく噛まずに飲み込むのは口腔の形や舌の大きさの違いが関係しているのではないでしょうか。定期的に歯科医に口腔チェックをしてもらい、専門家による口腔ケアや指導を受けて虫歯を少なくするようにしましょう。反復運動は好むので音楽やリズムを使いながら歯を磨くサポートをしてみてください。


歩行

成人期から中年期になると、腰椎狭窄症(すべり症)や椎間板ヘルニアなどにより不安定歩行になることが比較的多く見受けられます。若い頃からダンスや運動で筋肉を鍛えているとかなりその症状は抑えられるのかもしれません。関節の構造や炎症の兆候、間接の稼働については定期的に検査を受けておくとよいでしょう。

加齢と共に、歩くスピードも比較的ゆっくりとしてきて、一歩の間隔が狭かったり、両足の長さが異なる場合には足を引きづるようにして歩く傾向がある場合もあります。脊椎から背骨にかけて側弯症や脊髄圧迫がある場合、左右どちらかに傾いたような状態で歩く場合もあります。その場合には、腰に負担がかかり、早い年齢のうちから腰が前に曲がったような姿勢になります。早めに症状の変化に気づき、腰椎ベルトをしめたり、整体やストレッチなどをして、成人期から中年期以降は、筋肉が固まらないように心がけましょう。

水虫や爪の不調に対しても、本人が違和感を訴えることができないことがあります。手足の先に触れられることを極端に避ける感覚過敏な特性もあるので、足の状態を観察して適切な処置を早期に施すことで、腰や膝の問題を解消することに繋がります。


手の感触

ダウン症の方々は、特徴的な手の形をしています。指が短くて太く厚みがあります。小指の第二間接が短かいことも特徴の一つです。彼らの指先の感覚は、モノを認識するまでに時間がかかることがあります。軍手をして折り紙で鶴を折っているような感覚です。紙と紙を合わせる時や、膨らませる時など、指に紙の感覚があまり伝わってきません。タオルや洋服をを何度も合わせてまた広げるという動作を何十回もすることがあります。こだわりという特性でもありますが、指の皮膚感覚が分かりづらいので、何度も確かめるように折り直しているのかもしれません。見ているほうがイライラしてしまうかもしれませんが、物を掴んだり、たたんだりすることは、彼らにとっては一苦労なのかもしれません。先日、ハンドマッサージを施すダウン症の方がいらっしゃることを知りました。反復運動が好きなので手技は丁寧に行いますい。
手と手の接触を好み、優しい性格と持ち前の明るさがあるので、ハンドマッサージのようなセラピストの職業への道も開けるかも知れませんね。


糖尿病

ダ ウン症のある人は食べ過ぎてしまう傾向にあるようです。。仲にはII型糖尿病を持つ人がいますが、甲状腺機能に問題を抱えることもあり、体重の増減、起きられないほどの疲労感などを感じてしまうことがあります。自分の体調の変化を感じ取って他者に適切に伝えられな かいので、朝起きるのがつらくなったり、さぼっているように勘違いされがちです。そういった背景を見逃してしまうことで抑うつ状態になったり、行動が荒々しく変化 たり、し暴言が多くなったりすることもあります。成人後は人間ドックを定期的に受診し、血糖検査は定期的に行いましょう。


睡眠障害

睡眠時無呼吸症、低呼吸などの症状が出てくる場合があります。そのため慢性的な睡眠不足に悩まされるので、日中に急に眠気に襲われたり居眠りをする傾向があります。扁桃腺肥大や、大きな舌、気道が狭く、口内や咽頭の筋緊張低下などが原因で、気道閉塞による無呼吸に陥ります。本人はさぼっているわけではないのですが、急激な睡魔で授業や作業所の仕事に支障をきたす場合もあるので、なるべくリラックスさせて安眠できる状態を作りましょう。


肥満と生活習慣病

基礎代謝が低く、肝機能の低下、コレステロール高値、中性脂肪高値などが多く見受けられます。高尿酸血症が認められる場合には痛風や関節炎を伴うこともあります。投薬治療医と食事療法で完治することも多いので、定期的な健康診断をお勧めします。体重が増えることで膝や腰にも痛みが増え、関節炎も高確率で発症しやすくなるので、体重のコントロールは充分注意したほうがいいでしょう。運動をしていても体重が増えてしまう場合には、日常的なストレスや間食が多いなど、肥満に繋がる要素がないかどうか確認してください。45歳を過ぎると、急速に体重が減少し始めますが、これは精神的なストレスや合併症が起因するといわれています。


心的特徴と様々な症状

陽 気で社交的、穏やかで優しく、人を和ませるという特性を持ちながらも、成人期以降は、パニックになったり、罵声をあげたり、頑固さ、自傷、無気力といった 様々な症状が出始めます。急激に社会適応能力が低下して、退行現象がおきたり、40代からの早期老化、アトピー性皮膚炎などのアレルギー、適応障害や、幻 覚・妄想・幻聴なども問題とされていますが、これらについては因果関係をよく理解すれば、すぐに異常だと判断してしまうのは早すぎます。ここからは、メ ンタル面でのストレスがどのように作用したのかを、事例を基にご紹介します。


退行と鬱症状

30代から40代にかけて(人によっては20代から)、急に泣き出したり、動作緩慢や、発話が極端に減少してサインやうなづきや目配せだけで意志を表現したり、触られることを極端に拒んだり、こだわりが激しくなる、頑固になる、興奮してパニック状態になる、幻聴や幻覚、ひとりごと、食欲現象や急激な体重の減少などを「退行現象」といいます。これらの現象の原因はまだ解明されておらず、米国では「心因性のうつ症状」と診断されることもあるようです。鬱病と決めつけて、投薬治療を始めたことで余計に意識が混濁してしまったり、逆に暴力的になるケースもあります。投薬の前に、じっくりと時間をかけて本人と話したり、職場や作業所、その往路復路などで何か変わったことがなかったか、家族に亡くなったり病気になった人がいないか、何か不安なことはないか、何か今までできていたのに最近できなくなったことはないか、などの日常生活での変化をよく観察してみましょう。時間をかけて何度も話すことで本人が環境の変化に納得し対応することで、徐々に平常に戻る場合もあります。

事例: 急に大声で泣き出す

今置かれている状況がとてもストレスが多かったり恐怖感を持っている場合、言葉に出来ないので大声で泣いてしまうことがあります。その時には何が怖いのか、何が不安なのかを尋ねましょう。もし過去の出来事がフラッシュバックして、あたかも今起きたかのように感じて泣いてしまっているとしたら、どうしたの?と声をかけると余計に泣き止まないことがあります。目を配りつつ泣かせるだけ泣かせることで、不安や悲しさなどの感情を本人が自分で整理することができて、泣きやみます。気持ちが落ち着いてから、どうしたの?と声をかけて理由を聞き、それは今起きていることではないということを教えてあげてください。


生きがいを見つける

仕事や職場 での対応:加齢と共に作業にかかる時間が多くなり、一日の目標としている行程を完了できないことが続いたり、職員や仲間から遅いと言われたりすることで、 見た目にはまだ若々しいが内面的には急速に衰えていることを考慮しない環境にいることで、徐々にモチベーションが低下することがあります。ストレスやここ ろに負荷がかかると、内側にこもってしまい、引きこもりになるケースもあります。本人や家族や周りの関係者が、本人の生きがいを見つける努力をしてくこと が望ましいといわれています。きょうだいとしては、たまに戸外に遊びにつれて行ったり、話し相手になるなどから始めてみるのもよいかもしれません。


ひとりごと

家の中でも、外にいても、ぶつぶつと独り言をいうことが多い場合、これを幻聴や幻覚だから精神的な異常があると判断してしまうのは早急すぎます。彼らは豊かな空想性を持つことを理解してください。空想や、想像上の世界に行っているとか、戦隊ヒーローの世界にいるかのように話したりするときがあります。自分で自分に話しかけることもありますが、そうすることで「納得」して次の行動に移ることができます。これらの行動は、彼らの特性としては正常なことです。独り言をやめさせない、公の場で独りごとを言うと周りの人は何だろうと思ってしまうということを本人に伝えましょう。周りの人には、これはダウン症としては正常な行為であるということも伝えてください。独り言の内容が空想やつくり話であればいいのですが、あいつが悪いんだ とか、僕のせいじゃないのに とか心的な感情を繰り返し独り言で話している場合には、何か心配事があるのかを本人に尋ねてください。ストレスがないかを確認するきっかけとなります。


チック現象

歯ぎしり、ひとりごと、手をもみ合せる、唸る、体を前後に揺らす、顔を撫でて奇妙な顔をする、喉や頬を鳴らす、手をひらひらさせる。これらの常同行動はチック現象と呼ばれています。彼らは反復運動が大好きなので、これらの行動をしているときには、気分が楽しい、満足している、興奮している、ストレスがある、動揺している、不安、などの気持ちの現れとなっていることが多いようです。すぐにはなかなか答えませんが、ゆっくりと時間をかけて、その行動を起こしているときにどんな気持ちになっているのかを本人にきいてみましょう。マイナスの要素がある場合には、それを取り除いたり、その不安を聞いてあげたという行為によって、チック現象が治まる場合があります。薬物療法などは避けたほうがいいでしょう。


自傷行為

子どもの頃から、自傷行為が出るダウン症の人もいます。自傷することで不安が和らぐことを憶えてしまった場合には、その自傷行為が止まらないことがあります。家庭内の不和や暴力などがある場合には、幼い頃から子の自傷行為が出る場合もあります。自分の顎や頭を叩くのは、不安によって生じた自分の気持ちをコントロールするために行っているともいわれています。自閉症スペクトラム障害にも見受けられますが、手を噛んだり、胸を叩いたり、壁に頭をぶつけることもあります。それらの原因が何かを知ることはとても難しいことが多々あります。自傷を始めたら、家族や周りの人が手を叩く素振りをみせます。そして、顎や頭じゃなくて手を叩いてみようと促します。気持ちが落ち着いてきたら、一緒に手を叩く練習をしながら、今の気持ちを声に出す練習をします。この方法は効果的であると米国の臨床結果が出ています。