講演会のご依頼


日本各地で講演活動を行っております。メニューの中から今までの講演会の様子を選択してご覧ください。


内容

大学、社会福祉協議会、特別支援学校、親の会などが主催する勉強会や研修会で講演会を行います。自らもきょうだいの立場である講師が、きょうだいに関するテーマでお話しをしています。進学や進路指導で注意すべき点、家族の中の無意識のルール、介護やケアのアドバイスなど、その内容は多岐にわたっています。

 

自らもきょうだいの立場である講師が、障害者の家族の中でも特にきょうだいにスポットを当てたテーマでお話しをしています。リアルでタイムリーな話題から、きょうだいの心の解放や将来への不安解消、進学や進路指導で注意すべき点、家族の中の無意識のルール撤廃、介護やケアのピンポイントアドバイスなど、その内容は多岐にわたっています。

 

きょうだい児支援に関する講演会

支援者やサポーターの皆様に向けた講演会。年齢別にきょうだい児が抱える課題を時系列でお伝えし、貴団体の支援活動で解決したい課題(継続性、支援内容)を洗い出して改善するコンサルテーションを行っています。

 

保護者向け講演会

多くのきょうだいが共通して持っている幼い頃の経験談や記憶、その時の気持ちなどをお伝えします。お子さんの小さなサインを見逃がさず、親御さんだからこそできるスキンシップやコミュニケーションの仕方をご紹介します。

 


講演会

いままでの講演内容

【トークテーマ

・障害者の家族にもサポートが必要だ!

・障害児ときょうだい児の子育てヒント

・子どもに対する大人の姿勢や声掛け

・ライフステージごとにきょうだいが抱える課題とは

・こころとからだを解放するワークショップの作り方

・きょうだいからみた成年後見制度

その他、ご要望に応じた内容で講演をさせて頂いております。事前に打ち合わせをして、参加者のご要望に沿った内容で講演をいたします。

 

実績:つむぐびと定例会・ペイシェントサロン定例会・宮城県社会福祉協議会・東北介護者の集い(仙台・塩釜)・北区あゆみの会・北区ぴあネット・愛媛松山市・清水手をつなぐ育成会・福井県南越特別支援学校・ブレイブキッズ・市川市こども発達センター など


大学での講義

障がいのある家族との関わりについて

多重介護について

 

ダイバーシティ・シンキング

自分と相手の価値観を尊重する

 

コミュニケーションスキルを上げるには

リフレーミングの効果

 

実績:
成蹊大学・法政大学・岡山大学・田園調布学園大学 


料金表

きょうだい児の子育てに関する意見交換   保護者 60分 3万円+消費税
きょうだい児の子育てに関する講演会と質疑応答   保護者 120分 5万円+消費税
公立小・中学校、高校の学生や保護者を対象とした講演 学校   60分 各学校の規定による

大学生を対象とした講演(ゲスト講師・ゼミ講師)

学校   90分 5万円+消費税
         

・テーマは主催者の意向に合わせますので、事前打ち合わせをお願いします。

・早期割引あり(お問合せ下さい)

・源泉徴収税(10.1%)は含まない金額です。例) 60分3万円の講演の場合

 講演料は税込で¥33,500円(源泉徴収税3,693円、支払い金額32,487円)になります。


申込フォーム

・設備環境 (ノートPC・プロジェクター(HDMI/ピン数)・マイクなどの会場設備・配布物のカラーコピー等々)

メモ: * は入力必須項目です